女性の脳の6つの感情的な特徴

女性の脳の6つの感情的な特徴

それが自分の文化に依存するか、純粋で単純な生物学に依存するかにかかわらず、それは否定できません 男性と女性は彼らを異なって扱う傾向があります 感情 これは主に、男性の脳と比較して女性の脳の動作が異なるためです。



「傾向がある」と言ったことに注意してください。これは、常にそうであるとは限らないことを意味します。ただし、この記事では、 男性と女性の行動の間に見られたより顕著な違い。

多くの女性が周囲の男性との感情的な相互作用を評価しなければならないときに感じる欲求不満は、非常に一般的な問題です。一方、 多くの男性は、女性を理解していない、あるいは女性を「シーザー」とさえ考えていないと言います 。実際に起こることは、女性の脳が以下の専門家であるということです。





  • の読書 顔の表情
  • 声のトーンの解釈
  • 感情的なニュアンスの分析

ただし、それが鋭いという事実は、それが間違いのないことを意味するわけではないことに注意してください。 特に「感情的な手がかり」が客観的ではないため、女性の脳でさえ間違っている可能性があります。 これは私たちが常に心に留めておくべきことです。

大人で一人で寝るのが怖い



女性の脳2

しかし、男性と女性が2つの異なる惑星に住んでいるという信念は本当ですか? まず第一に、私たち一人一人が他の人とは異なる独自の方法で現実を見ているので、この声明は性別に関係なく誰にでも有効である可能性があるという事実を考慮する必要があります。

ただし、ここに、通常女性の脳に存在するいくつかの感情的な贈り物があります。

1.腸の感情の贈り物

内臓の感情は感情的な「気まぐれ」ではありませんが 強力なメッセージを脳に伝達することを担当する強い肉体的感覚。

これらの腸の感情は、女性がティーンエイジャーの苦しみ、仕事に対する彼らのパートナーの疑念、または重要なマイルストーンに達した友人の幸せにはるかに近づくことを可能にします。

女性の脳3

Louann Brizendineによると、これは女性の脳に存在する細胞の量と関係がある可能性があり、その機能は 体感 。つまり、 思春期から始まるエストロゲンの増加は、女性の脳が感情を感じ、他の人の感情を理解する能力を高めます。

実際、いくつかの研究(1)によると、内臓感覚の原因となる脳領域は、女性の脳ではより大きく、より敏感です。このため、女性が内臓の感情を感じ始めると、島や前帯状皮質などの脳の特定の領域が活性化されます。

脳のこれらの構造と領域は、否定的な感情を予測、判断、制御、統合する責任があります。 このため、心拍数が増加したり、胃に結び目を感じたりすると、女性はその感情をより強烈に解釈します。

2.感情的な読書の贈り物

女性の脳は通常、他の人の考え、信念、意図をすばやく特定する能力も持っています 小さな手がかりから始める (2)。実際、研究によれば、たとえば女性は他人を苦しめることを避けることができます。

この態度は、他人のジェスチャー、ポーズ、呼吸リズム、外見、顔の表情を観察、模倣、反映することを可能にするミラーニューロンの作用の結果であると考えられています。

女性の脳は特にこの種の「感情の鏡」に長けているので、 そのニューロンは、他の人との感傷的なつながりを最も強力に刺激します。

女性の脳4

3.忍耐の贈り物

この点は、極端に言えば、贈り物というよりも危険を表す可能性があります。しかし、そのプラス面についてお話ししたいと思います。 それは女性が感情に対処し、彼らと適切に暮らすのを助けます。

女性は、非常に頻繁に激しい感情を持って生きなければならない生物学的素因を持っているため、悲しみや欲求不満に耐えるのが非常に得意です。

いくつかの研究が示すように(3)、 女性は、90%のケースで非言語的コミュニケーションを通じて伝達された感情を捉えています :したがって、言葉で表現されていない感情を理解できるのは男性よりもはるかに多いのは当然のことです。

これは、非常に多くの場合、女性にとって細部、注意、注意が非常に重要であることを意味します リスニング能力 何かがおかしいとき、彼らは最小限であっても感情的な変化を知覚することができるからです。

女性の脳7

4.感情的な記憶の贈り物

女性の脳は、いくつかのシーンだけでなく、映画のように最初から最後まで経験した関係を覚えています。実際、それは感情を記憶として記録します。 アミグダラは、その感情的な強さから始まるすべてのイベントを調べます。

これにより、コーディングが容易になり、 情報の保存 、海馬によってさまざまな感情的なニュアンスに従って使用され、細部をすべて示す感覚的な写真であるかのように、記憶を形作ります。

女性の脳6

5.低い怒り耐性

女性と男性は彼らがのレベルを試してみると言いますが 怒り 非常に似ており、それを表現し、引き出す方法は非常に異なります。この場合、 違いは、恐怖、怒り、攻撃の脳の中心であるアミグダラの構造によるもので、男性の方が大きくなります。

それどころか、この感情の制御領域(前頭葉皮質)は通常、女性では比較的広いです。また、テストステロンホルモン受容体の量も男性と女性で異なります。

したがって、多くの女性が怒りを表現するのではなく内面にとどめているという事実は、社会的規範や受けた教育によるだけでなく、女性の脳が状況についてより瞑想し、予防する傾向と関係がある可能性があります戦いの結果。

この意味で、女性は感情を吸収するプロセスに余分なフェーズを追加する傾向があると言えます。 喧嘩を始める前に、「反逆する」こと、感情、その強さ、その原因、そしてその起こり得る結果を好転させること。

女性の脳5

6.強烈な感性の賜物

のほとんどが 非常に敏感な人々(HSP) 一般的に女性であるため 女性の脳は、より生物学的に感情的な感受性に傾いています。

ただし、この場合、恐怖、ストレス、遺伝子、エストロゲン、プロゲステロン、脳生物学も基本的な役割を果たしていることを強調しておく必要があります。 次のような感情障害に苦しむリスク うつ病 または不安が非常に高いです。

一部の学者によると、CREB-1などの一部の要素の変異のエストロゲンに対する感受性は女性の脳の脆弱性を高め、その生化学的バランスはより簡単に変化し、彼女の感情状態に問題を引き起こす可能性があります。

したがって、女性の脳が感情を処理する大きな能力を持っていることは議論の余地がありません。 私たちがあなたに示した6つの贈り物は、私たち一人一人が肉体的、心理的、社会的現実で構成されていることを理解させるための出発点になりたいと考えています。そして、これが私たちをユニークで本物の本物の人々にしているのです。

40代の素晴らしい頭脳

40代の素晴らしい頭脳

脳は大きな変化を遂げます。 40代はどうですか?

1 バトラー、(2005)。帯状回前帯状回における恐怖関連の活動は、男性と女性で異なります。 Neuroreport 16(11):1233-36

レベンソン(2003)。血、汗、恐怖:感情の自動アーキテクチャ。 アンNYAcad Sci 1000 :348-66

愛は教えることができるものではありません

2 Pujol(2002)。前帯状回の解剖学的変動と人間の性格の基本的な次元。 Neuroimage、 15(4):847-55

3 Mannning、J。T. et al(2004)子供の2桁目から4桁目のラジオにおける性別と民族の違い。 初期のハム開発者、 80(2)39-46。

読者への注意

この記事で取り上げたトピックを深めたい方は、この本を読むことをお勧めします。 女性の頭脳 、LouannBrizendineによる。