色の心理学:意味と好奇心

色の心理学:意味と好奇心

色彩心理学について話すことは、感情について話すことを意味します、 喜び、幸福、熱意、活力の感覚を呼び起こすことができる言語の。マーケティングの世界をはるかに超え、私たちの個人的な経験、子供時代、そして科学が常に明らかにしようとしてきた心理的象徴にルーツを持つことが多い宇宙。



クロード・モネはいつも、色の世界は彼の日々の執着、彼の幸せ、そして彼の苦痛であると言っていました。 アーティストが各トーンと各組み合わせの深さを把握するのが容易でない場合、各トーンが人間とその行動にどのように影響するかを定義することはさらに困難です。

深く痛む言葉





「世界の色と比較されているのは何ですか?世界の色は人間の感情よりも大きい」-JuanRamónJimenez-

疑似科学について話す人がいますが、色は私たちの個人的な好み、経験、成長、そして私たちの成長と多くの関係があるため、ある意味でこれには「小さな」真実があります文化の違い。しかし、これはおそらく最も興味深い側面です、 人々が特定の色にどのように反応するかを説明する多くの研究があります または、平均して最も人気のあるものはどれですか。

心理学者、社会学者、コミュニケーション理論の教授Eva Heller 教育 、研究と観察は、本当に興味深いデータを生み出しました。これは、以前に取得されたものと後で取得されたものの多くと一致します。



情報提供の目的で、私たちは事実を予測することができます:最も人気のある色は青です。

色の心理学:その目的は何ですか?

色は刺激します 脳 さまざまな方法で、 過去のエジプト人と中国人は、特定の意識状態を癒したり促進したりするために色の効果を使用していました または感情的な状態。古代の芸術でさえ、色の選択に細心の注意を払っていました。たとえば、赤はエジプト人にとって、生命、地球、勝利、そしてセスやアポピなどの敵対的な神々の怒りや怒りを反映したものでした。

色は光学的な現象以上のものです。それぞれの色には独自の意味があり、脳に一定の影響を与えるため、 今日の色の心理学は、ニューロマーケティングの基本的なツールです。 消費者が特定の色の刺激にどのように反応するかを理解することで購入を増やすことができ、その効果が100%確実ではない場合でも、同様の反応パターンが観察され、色の心理学の有用性が確認されます。

色がアートや映画の世界に与える影響を忘れることはできません。 デビッドリンチ たとえば、彼は論理の世界から脱出し、微妙な万華鏡のような感情に没頭しようとする監督の1人です。 彼の作品では、現実世界から夢の世界への脱出を象徴するために、常に黒と白の強いコントラストに頼っています。

人を信頼する方法

「色は魂に直接影響を与える手段です。色が鍵です。目はハンマーです。魂は弦の多いピアノです。」 -ワシリーカンディスキ-

ヴァンゴッホはまた、彼の感情的な状態を明らかにするために意図的に特定のトーンを選択しました、 常に黄色や青のようなより活気のある色合いがそのフィールドとその星空の夜を形作るようにします。

各色の意味と好奇心

各色の心理的世界に没頭するために、私たちはエヴァ・ヘラー博士によって行われた研究と同様に続きます アメリカの心理学者でスタンフォード教授の現在の作品 ジェニファー・アーカー 、最近、ニューロマーケティングの世界に適用される色の興味深い分析を開発しました。

  • 青は生産的で非侵襲的であるため、企業で最も使用されている色です。
  • ブランドへの安心感と信頼感を感じさせるカラーです。
  • ブルーは空腹を和らげることが示されているので、食べ物を宣伝することになると避けられます。
  • それは調和、忠実さ、そして共感の色です。
  • それは最も冷たい色ですが、それでも精神性とファンタジーの概念に結びついています。
  • 青の111の色合いがあります。
  • それは主要な色であり、画家が最も高く評価する青の色合いは、最も高価なウルトラマリンブルーですが、絵画に並外れた鮮やかさを与えるものです。

赤い

  • 赤は、マーケティングで最も使用されている色の1つです。他の色の範囲から際立っており、より妊娠していて、注目を集めるために使用されます。
  • それは心拍数を増加させ、切迫感、危険性または即時性を生み出します。
  • それは食欲を刺激し、衝動の出現を促進するために使用されます。
  • を表します 愛 、しかしまた憎しみ。
  • それは王の色、幸福と危険の色です。
  • 血と生命を表します。
  • それはダイナミックで魅惑的な色であり、私たちのより攻撃的な側面を目覚めさせることができます。

黄色

  • マーケティングでは、それは楽観主義と若さを表しています。
  • 明快さを示し、通常、ウィンドウに表示される特定の製品に注意を引くために使用されます。
  • この色はすぐに目を疲れさせるので、店で乱用することはできません。 これは主に、中央の棚ではなく、離れた棚で使用されます。
  • 研究によると、濃い黄色の色調が赤ちゃんの泣き声を刺激することが示されています。
  • 色の心理学の専門家によると、それは矛盾した色です。それは善と悪、楽観と嫉妬、理解と裏切りを同時に表しています。
  • 創造性を照らし、促進します。
  • それは男性的な色であり、中国ではそれは帝国の機関を表しています。

グリーン

  • 緑は成長、再生、再生の色です。
  • それはに関連付けられています 健康 、自然、新鮮さ、そして平和。
  • それは問題解決だけでなく、自由、癒し、静けさを促進します。
  • 鈍い緑は、お金、経済的側面、ブルジョアジーを表しています。
  • 緑の色合いは100種類以上あり、その中間がムードを高めます。
  • それはまた、初期の愛を表しています。
  • それはリラックスできる色であり、実際、それは憂鬱な段階を経験している人々にとって有用です。

黒い

  • 黒い色は、優雅さ、秘密、謎、そして力に関連しています。
  • それは強い感情を引き起こします、それは権威ある色です。
  • ファッションの世界では、それはスタイルを与え、洗練を与える色と考えられています。
  • 黒の色合いは50色あります。
  • それはまた何かの終わりを象徴しています 死 、失われた。
  • 過去には、それは司祭、現在は保守派を代表していました。
  • 物理学の世界では、黒は100%の入射光を吸収する特性があるため、スペクトルの経度を反映しません。このため、歴史を通して、この色は常に危険、邪悪、そして死後の世界と関連付けられてきました。
「私が絵を描くときに私に浮かび上がる色のあるもの、素晴らしくて強烈なものがあります」-ヴァンゴッホ-

ホワイト

  • 白い色は無垢と純粋さを象徴しています。
  • それは始まり、何か新しいことを始める意志を表しています。
  • それは空間に広さと正直さをもたらすだけでなく、平和、癒し、そして静けさの感覚をもたらします。
  • それは完璧に関連しています。
  • 白は67色あります。
  • 服の白い襟は社会的地位を象徴しています。

ライラック

  • マーケティングでは、美容やアンチエイジング製品で頻繁に使用されます。
  • 落ち着きます。
  • 多くのブランドは、創造性、想像力、知恵を表すためにそれを使用しています。
  • それは、女性的で、魔法の、そして精神的な世界と結びついています。
  • ライラックには41の色合いがあります。
  • 強度を付けて使用すると、あいまいさが生じます。壁、部屋、または店をこの色でペイントすることはお勧めしません。
  • ライラックも力を象徴していますが、曖昧です。

オレンジ

  • マーケティングでは、それは購入への熱意と関連しており、感情と暖かさを反映しています。
  • それにもかかわらず、強烈なオレンジが使用される場合、これは攻撃性と関連している可能性があるため、繊細で、親しみやすく、快適にする必要があります。
  • 購入を後押ししているため、広告業界で人気のある色の1つです。
  • それは変容と仏教に関連しています。
  • オレンジはポジティブな感情を促進し、「フレーバー」の感覚を生み出します。

ピンク

  • 不思議と礼儀を象徴しています。
  • マーケティングでは、それは子供たちとロマンスの世界に関連付けられています。
  • エロティックな優しさの色です。
  • それは優しさ、幼児性、すべてが小さいことを象徴しています。
  • マダム・ド・ポンパドールのお気に入りの色でした。

結論として、あなたの多くは、これらの説明で自分が特定されているのを見ないか、おそらくそうしている可能性があります。最初に言ったように、各色の影響はしばしば私たちの経験の一部に対応しています。しかしながら、 商業的および芸術的に、これらの基盤は常に有用で効果的です。

S また、ブラウン、ゴールド、シルバー、グレーなど、いくつかの色がこのリストから欠落していることも理解しています。 私たちは、私たちに大きな影響を与えるもの、アートやニューロマーケティングの世界でより頻繁に使用され、ほとんど気付かずに私たちの生活を飾り、私たちに密かに影響を与えるものについて説明することに限定しました。

画像提供:Sakimichan、Marina Melvik