アルツハイマー病のデリリウム

アルツハイマー病の症状の1つはせん妄であり、これは異なる形態をとることがあります。この記事でそれについて話します



アルツハイマー病のデリリウム

アルツハイマー病は認知症の最も一般的な形態であり、認知機能の低下がこの病気の原因であるように思われます。ただし、他の症状が重要な役割を果たす可能性があります。これらの間で、 アルツハイマー病のせん妄を覚えています

この神経認知障害は、認知と注意の変化を特徴としています。通常、それは医学的合併症の生理学的結果です。アルツハイマー病は、適切な脳機能に不可欠なコリン作動性受容体の喪失を特徴とする退行過程で構成されています。





アルツハイマー病のデリリウム 、および一般的に それは注意と認識に影響を与える臨床的障害です。しかし、その病態生理学は完全にはわかっていません。でも 認知機能障害と認知症は、せん妄の主なリスク要因として体系的に特定されています 、その発生率の増加に寄与するメカニズムはまだ不明です。

2009年に発表された研究によると、妄想状態は 認知 人間。さらに、それらはアルツハイマー病の患者の66〜89%に影響を及ぼします。したがって、これら2つの病状は密接に関連しているように思われます。



今述べた研究はそれを示しています アルツハイマー病のせん妄は入院患者の認知機能低下を加速させる

妄想

病理学的観点から、せん妄は広範囲に由来します 脳機能障害 。どうやら、この思考内容の乱れを支持するいくつかの原因があります。著者のBlassとGibsonは、次の2つを特定しました。

  • 薬物の使用と乱用。
  • 脳代謝の変化。

しかし、妄想状態を引き起こす可能性のある多くの臨床状態も、長期化すると認知症につながる傾向があるようです。たとえば、 低酸素症 o低血糖は、脳機能障害やせん妄を引き起こす可能性があります。しかし、それらが重度で長期にわたる場合、それらは永続的な脳の損傷、したがって認知症を引き起こす可能性もあります。

頭を抱えた女性

アルツハイマー病のデリリウム

今日、せん妄と認知症は異なるプロセスとして分類されています。 ただし、1930年から1970年の間に、両方とも同じプロセスの異なる形式または段階に分類されました。たとえば、1959年にエンゲルとロマーノは次のように書いています。

ガラス半分いっぱい半分空

「臓器の機能不全の場合に起こるように、脳の機能不全は、要素がその全体的な機能を妨げるときに発生します。これの原因は2つの根本的なプロセスにあります:代謝プロセスの機能不全またはそれらの完全な喪失(死による)。せん妄はより可逆的な障害に関連している可能性があり、認知症は不可逆的なタイプの障害に関連している可能性があります。したがって、これら2つの状態は、同じ問題の異なるレベルと見なす必要があります。」

と言えます せん妄とアルツハイマー病の両方が脳代謝率の低下に関連している 。さらに、両方の疾患は、重度のコリン作動性伝達障害に関連しています。

認知症 、せん妄とは異なり、構造的な脳の損傷の証拠もあります 。しかし、せん妄のある患者に対して剖検が行われ、これが痴呆に典型的な病変を示した場合、診断はアルツハイマー病(少なくとも米国では)を示します。

アルツハイマーの窓の外を見る高齢者

処理

ザ・ 阻害剤 コリンエステラーゼの投与は、アルツハイマー病のせん妄の管理に最も適した治療法であると思われます 。これらの薬は、術後の状況や、せん妄が重大な注意の問題を示す他の患者に特に有用である可能性があります。

スウェーデンでは、Bengt Winblad博士が、この可能性に関する先駆的な研究をすでに実施しています。 ただし、コリンエステラーゼ阻害剤は気管支痙攣またはまれな不整脈を引き起こす可能性があるため、注意して服用する必要があります (いわゆる病気の副鼻腔症候群)。この意味で、注意が必要です。コリン作動性治療が保護するかどうかを検証するには、さらなる研究が必要です。 代謝性脳症とその結果に対して。

アルツハイマーの人は愛撫と傷を覚えています

アルツハイマーの人は愛撫と傷を覚えています

ある種の一般的な誤解があります。アルツハイマー病や他の種類の認知症の人は、外の世界から切り離されて、遠くの非現実的な内の世界に入る傾向があります。


書誌
    1. Fong、T。G.、Jones、R。N.、Shi、P.、Marcantonio、E。R.、Yap、L.、Rudolph、J。L.、…&Inouye、S。K.(2009)せん妄は、アルツハイマー病の認知機能低下を加速させます。 神経学72 (18)、1570-1575。
    2. Fong、T。G.、Davis、D.、Growdon、M。E.、Albuquerque、A。、&Inouye、S。K.(2015)高齢者におけるせん妄と認知症のインターフェース。 ランセット神経学14 (8)、823-832。
    3. ジョーンズ、R。N。、ルドルフ、J。L。、イノウエ、S。K。、ヤン、F。M。、フォン、T。G。、ミルバーグ、W。P。、…&マルカントニオ、E。R。(2010)良好な測定精度を備えた高齢の心臓外科患者における神経心理学的機能の一次元複合測定の開発。 臨床および実験神経心理学ジャーナル32 (10)、1041-1049。
    4. Racine、A。M.、Fong、T。G.、Travison、T。G.、Jones、R。N.、Gou、Y.、Vasunilashorn、S。M.、…&Dickerson、B。C.(2017)アルツハイマー病に関連する皮質萎縮症は、認知症のない人の術後せん妄の重症度と関連しています。 老化の神経生物学59 、55-63。
    5. Plum、F。、&Posner、J。B.(1982) 昏迷と昏睡の診断 (第19巻)。オックスフォード大学出版局、米国。
    6. Hazzard、W。R.、Blass、J。P。、およびHalter、J。B。(2003)。 老年医学と老年学の原則 (第5版、pp.1517-29)。 J. G. Ouslander、およびM. E. Tinetti(編)。ニューヨーク:マグロウヒル。
    7. Blass、J。P.&Gibson、G。E.(1999)認知症との関係におけるせん妄の脳代謝的側面。 認知症と老人性認知障害10 (5)、335-338。